プロフィール
ゲンゾウ.jpg
名前:かぶれ
以下、準備中。。。

2007年03月10日

まいったまいった。

ここ数日、奥田英朗の「最悪」という小説を読んでおりました。
そして、途中の段階ではホント最悪な気持ちにさせられまして…。

奥田氏の本は、はみだし精神科医の伊良部先生シリーズ
(こんな名前でシリーズ化はされてません。いま適当につけてみました。)
や、「サウス・バウンド」といった割と軽めなテンポからのブッ飛ばし小説という
変なイメージをもってしまっていて(多分、他は違うのだと思われますが)。
前半、というか割と最後のほうまで
ちょっと読むのを止めたくなるような落ち込ませ要素満載な3人(とも主人公)のお話に
仕事で疲れた体にムチ打ってまで救われると信じたいラストを読まずには
いられなかったりだったり。
そしてラストは最悪の2つ位上(私のさじ加減では)の救われように
読んだ直後は良かったのだけれど、しばらくたって落ち込んでしまうという
なんだか気持ちの停滞している時には読むんじゃなかった本を
手にしていた今日このごろでした。
っつったって、気持ちが右肩上がりっぱなしな時なんてないんですけど。ブゥ。
ちなみに気持ちが停滞している時は伊良部シリーズ
(「イン・ザ・プール」(←松尾スズキ氏が映画で伊良部やってます。ラブ☆)
「空中ブランコ」、「町長選挙」)あたりはオススメいたしマス。


しかし、この前に読んでいた「ハゲタカ」は億単位の金がポイポイ動いてて、
直後に読んだ「最悪」は数百万で命がけ。
ふり幅大きすぎてついていけませんて(完全に己の選択ミス)。


そして、この次は文庫本で発売される「ハゲタカ2」を購入予定。
完全に活字にやられております。。。。。

この勢いで京極夏彦をひっさしぶりに再読するかなぁ。…いろんな意味でおそろしぃ。。。

posted by かぶれ at 01:39| Comment(2) | ニッキ。−ホン− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。