プロフィール
ゲンゾウ.jpg
名前:かぶれ
以下、準備中。。。

2007年11月27日

すげー中途半端じゃん。

やべぇ、すっかり放置だよ。
すねに傷つくってる場合じゃなかった(正確にはヒザ。激しく転びアザまみれ…。)。

前に前半書いて置きっぱなしの「ユニコーン トリビュート」(DISC2)
でもリハビリがてら書いてみます(苦笑)。

■吉井和哉「与える男」
吉井さん、久々に聞きました。なんかホントは好きな人だったのかも?
でもあんまり原曲と違わない気が…。

■フジファブリック「開店休業」
なんか…やらしい(爆)。あ、そういう曲だったのか。かぁ??
しかし、この方々知らないや。勉強不足っっ。

■星グランマニエと東京シュガー・ボーイズ(from氣志團)「SUGER BOY」
これ、一番ハマったんですが。なんだか甘く見てたよ、氣志團。ゴメン。
シングルとかはなんとなく聞いたことあるけど、アルバムとかだと
こういった趣向の曲とかもあるのかしら??

■キャプテンストライダム「ペケペケ」
この方々も知らなかったです。曲が曲だから割と好感触。
ちょっと彼らの曲も聞いてみたいかと思ったりしております。

■シュノーケル「おかしな2人」
この曲好きだ〜。すきなんじゃ〜〜。

■SPARKS GO GO「ケダモノの嵐」
なつかしい…。なんだかずっと続けているバンドって嬉しい。

■PUFFY「働く男」
「働きマン」で使ってたじゃんか。サボりだ(暴言)。

■宮沢和史 in GANGA ZUMBA「すばらしい日々」
なんか…。すばらしい日々ってだけで半べそなのに
ミヤが歌っちゃあダメだよ〜〜(号泣)。
最後の最後で涙が止まらないぜぃぃぃぃ!!!


ねえ、何で「人生は上々だ」入ってないの???
ゥオォ〜〜 マリアッ(熱唱)。


posted by かぶれ at 01:10| Comment(1) | ニッキ。−オンガク− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

クワイエットルームにようこそ。

いま立ち寄ってきたソラえもんさんのところで
自己紹介工場」というものを紹介していたのでやってみた。
(ソラえもんさんとこは左にあるリンクからとびますよ。)

『一人でLOVE DIARY かぶれです。よろしく。』

ひとりでラヴダイアリー?????バカだ。それかオトメだ(笑)。


ユニコーンのつづきを書こうと思ったけど、週末に観てきた
「クワイエットルームにようこそ」のお話でも。

原作本はすでに読んでいて(この時読んでマス。)
かなりおもしろかった+ジーンときたりしていたので
映画も観たいなぁと思っていたら、ちょうど近場でみられるという事で、
ムリムリ仕事を終わらせて(おかげで今日は残業)観て参りましたっっ。

実はあまりよくわかっていなかったのですが、監督も松尾スズキ氏でしたね。
そして、私が大好きな登場人物「鉄ちゃん」を宮藤官九郎氏でして。
いつもは清清しいイメージの妻夫木くんはあらら…というような姿になっていたり
蒼井優ちゃんはえっらく細くなっておられました(患者役ですから。蒼井アプローチ。)

原作者と監督が同じなので、本を読んだ時と映画を観た時との読後感
(映画はなんていうのかな?)がほぼ同じ感じで
静かに落とされてはいるんだけど上を向きたくなるような終わり?
なんかちょっと違う気もするけど
とにかく両方見てもどっちかに「けっ(怒)」って事にならず
「ぅんっ、よしっっ」って感じでした(?)。
結構落ち込んでいる時とかにちゃんと最後まで見ると上向けるかも。
(最後までちゃんとみないと物凄く凹みます。だって閉鎖病棟のお話ですからっ。)


ちなみに映画が始まる前に「山古志村のマリと三匹の子犬たち」の予告をみて
半べそになったのは内緒です(恥)。だって柴犬なんだもの〜。。。



posted by かぶれ at 01:40| Comment(0) | ニッキ。−エイガ− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

CD買い漁りウイーク。

パーマを今までで一番強くかけたせいで頭皮がカピカピです…。
気付けばかさぶたとかできてるし。
同じ世代の男子が聞いたら卒倒しそうだ、お年頃ですから(苦笑)。

んな感じで、ここのところガバっとCDを買ったので
少しづつ感想を書いてみようかと思います。

まず、1発目は「ユニコーン トリビュート」(DISC1)
こちら、あの伝説のバンド ユニコーンに影響を受けた人達の
トリビュート版です(憶測)。
私の青春時代ど真ん中ですっっ。


■東京スカパラダイスオーケストラ「I’M A LOSER」
しょっぱなにスカパラ。素敵ですっ。期待感がグングンあがります。

■MONGOL800「大迷惑」
1回目に聞いた時は『沖縄と単身赴任』がどうも結びつかなかったんだけど
よく考えたら、東京→沖縄だとリゾート風味、しかも独身気分で良い話だけど
沖縄→東京はこりゃあ地獄だ、大迷惑だ と考え直してみました(笑)。

■TRICERATOPS「ヒゲとボイン」
どうしてもトライセラというと平野レミがちらついてしまう、申し訳ないけど。
ヒゲとボインってカラオケで歌うとスッキリします。悩める男子でもないくせに。

■GRAPEVINE「ニッポンへ行くの巻」
彼らはずっとCDを買おうかどうか迷わせるバンドのひとつだったりします。
そして、これを聞いても買おうかどうか迷うでしょう。。。

■真心ブラザーズ「エレジー」
原曲を聞いてた頃からなんだか不気味な歌だな〜と思っていたけど
真心さんたら電車音とピコピコ音なんて入れちゃってさらに不気味度が
増してます…。コワイ〜。

■DOPING PANDA「ターボ意味無し」
彼らは初めて聞きました。英詞で活動しているバンドなのかしら??
(まるっきり予備知識なしですすめております。)

■CHEMISTRY「自転車泥棒」
この曲、好きだったりするのでちょっとガッカリしたりしたり…。
田舎の歌でしょうよ、これは。なに都会っ子な感じにしてんのさぁ〜。
ブツブツ。

■PUSHIM「珍しく寝覚めの良い木曜日」
あまり彼女の事は存じ上げておりませんが
『本場仕込のレゲエウーマン』にかかっているのでしょうか?

■つじあやの「ミルク」
確かこの曲ってエビさんとこで産まれた赤ちゃんのための
民生さんが作ったとかっていう素敵なエピソードがあったような。
この曲とつじさんは雰囲気も合っていてなんだか良かったです。


意外に自分が歌えることにちょっと笑えました。
原曲自体は泣くから(恥)もう何年も聞いていないのに。
次回はDISC2を…多分、書きます。


posted by かぶれ at 00:08| Comment(2) | ニッキ。−オンガク− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。